Top / Debian / POP before SMTP


postfix + courier-pop-ssl + drac(POP before SMTP)の設定をする

postfixとcourier-pop-ssl導入済の環境に、dracを入れました。 db確認用に db4.3-util もインストールしています。 参考にさせていただいたのは こちら

  1. drac /etc/init.d/drac
    OPTIONS="-i -e 5 /var/lib/drac/dracd.db"
    expiredを5分へ変更。デフォルトの設定は30分。
  2. courier-pop-ssl(courier-pop) /etc/courier/pop3dへ以下の2行を記述。
    AUTHMODULES="authdaemon authdrac"
    DRACHOST="127.0.0.1"
    /etc/init.d/courier-pop, /etc/init.d/courier-pop-sslへ以下の環境変数を追加。
    DRACHOST="$DRACHOST"
    それぞれのinit fileをリスタート。
  3. dracd.db 更新の確認 pop3s接続を行った後、dracd.dbが更新されたかどうかを確認する。(1行めはdbファイルの確認のみ)
    db4.3_dump -p /var/lib/drac/dracd.db
    strings /var/lib/drac/dracd.db
    接続した IP Address が表示されればOK。
  4. postfix /etc/postfix/main.cfにて
    mynetworks = 127.0.0.0/8 192.168.1.0/24 check_client_access btree:/var/lib/drac/dracd
    
    smtpd_recipient_restrictions =
           permit_mynetworks,
           check_client_access btree:/var/lib/drac/dracd,
           check_relay_domains
    テスト送信して rejectされないことを確認。
リロード  新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ  ヘルプ  RSSR
Last-modified: 2008-09-21 (日) 23:39:25 (3226d)