Top / Mac / macOSの起動可能なインストーラを作成する


USBフラッシュメモリにOSインストールディスクを作成するメモ。

参考URLはアップルのページ OS X の起動可能なインストーラを作成する ー Appleサポート

マックユーザなら上記ページを見るだけでインストール可能なんだけど、たまにマックユーザな私はUSBメモリにインストールするまでにアタフタする。 ので、新品USBメモリにインストールするまでに必要な手順をメモっておく。

USBフラッシュメモリをフォーマットする

「アプリケーション」の「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を起動。
USBフラッシュメモリを挿入すると左側(サイドバー)にUSBメモリのアイコンが現れる。
USBメモリのアイコン(ディスク全体)を右クリックして消去を選択。または消去ボタンをクリック。
この時、パーティションマップを「マスターブートレコード」から「GUIDパーティションマップ」へ変更。
名前は適当でよい。(今回は HighSierra とした。以下のコマンドで入力している。)

たまにマックユーザな人は、ボリュームフォーマットをMacOS拡張(ジャーナリング)だけを選択し、パーティションマップを変更することを忘れるので注意!

USBメモリは8GB以上あるものを用意する。

App StoreでmacOSをダウンロードする

今回はHigh Sierraをダウンロード。ダウンロード後はインストールを実行せずに終了しておく。

USBフラッシュメモリへインストールプログラムを書き込む

上記アップルのページを参考にして以下のコマンドを実行。

$ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/HighSierra

Sierra までは "--applicaionpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app" というオプションも必要でしたが、High Sierra から不用になっていた。

その他インストール実行時のメモ

インストーラを起動する時は、電源投入前にUSBメモリを挿しておいて、optionキー(altキー)を押しながら電源ボタンを押す。ブート選択画面が出るまでoptionキーを押しておく。

普段Bluetoothキーボードを使っている場合は、USBキーボードを接続して実施すること!(これもよく忘れていて、ブートするのにアタフタしてるのよね。) Blutoothマウスは使えるのかな..試してないので分かりません。 [wink]

リロード  新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ  ヘルプ  RSSR
Last-modified: 2017-11-22 (水) 17:15:22 (300d)