* FreeBSDのためのメモ [#wb18dad5]
 
 &heart; FreeBSD設定の覚書です。
 
 #contents
 
 ** jvim + canna でローマ字かな入力をする [#v3c3a547]
 某サーバでは、管理者の方針で emacs が入ってません。日本語入力環境として、 jvim + canna を使用せよ、とのこと。
 
 パッケージとしてインストールされているものは
  ja-jvim-canna-2.0r  Japanized Vim (with Canna)
  ja-onew-canna-2.2.10 A library for Japanese Input Method Canna
 
 実際に使用するための設定方法は… アナウンスなし。 (管理者の方々も設定方法を知らない、とか………) 仕方がないので自分で調べてみました。
 
 パッケージ名にもついていますが、ONEW というエンジンを使用するようです。 
 /usr/local/share/doc/ja-onew-canna/README.ONEW に書いてある環境変数を設定します。 少なくとも必要なのは、ONEW_ENGINE, CANNAHOST, ONEW_CANNA_RKPATH の3つ。 当然ですが、LANG も設定しておきます。csh をお使いの場合は、.cshrc に下記を追加します。
  setenv LANG ja_JP.eucJP
  setenv CANNAHOST localhost
  setenv ONEW_ENGINE canna
  setenv ONEW_CANNA_RKPATH /usr/local/share/canna/dic
 
 とりあえずローマ字かな入力はできるようになりましたが、html ファイルでよく使われている iso-2022-jp は表示と編集(新規作成も含めて)が可能かどうかは未確認です。
 また、jvim-2.0では UTF-8 コードは確実に化けます.&sad;
 
 
 ** 特定ユーザのみDESへ変更 [#vab0ce81]
 /etc/login.conf にて
  des_users:\
         :passwd_format=des:\
         :tc=default:
 を設定。
 その後
  cap_mkdb /etc/login.conf
 を実行。
 特定ユーザには des_users というログインクラスを指定する。
 ログインクラスは、passwd(5) の 5 番目のフィールドに指定する。
 
 ** openoffice.org-2.0のコンパイル(ports) [#vee525c9]
 makeするときは
  make LOCALIZED_LANG=ja
 としましょう。環境変数忘れると英語版を作成しちゃいます。&sad;
 (実際に英語版を作成してしまった…)
 
 package作成のときは
  make LOCALIZED_LANG=ja package
 とします。こちらも LOCALIZED_LANG 指定忘れると、英語版が作成されます。
 
 2.0.3では grass-i18n も必要のようです。(2.0.1では必要なかったのに)
 lapackのコンパイルも始まったので、ちょっとびっくり。
 
 **  ezjailがboot時に起動しない [#u9f29569]
 COLOR(red):July 7,2006 FreeBSD-EN-06:01.jail にて修正。
 
 どういうわけかboot時にezjailが起動しません。
  # /usr/local/etc/rc.d/ezjail.sh start 
  ezjailConfiguring jails:. 
  Starting jails:ifconfig: interface alias does not exist 
 なるメッセージが表示されます。
 
 解決法として
 http://groups.google.fi/group/fido7.ru.unix.bsd/browse_thread/thread/b8196929f12ca53f/9498387277d04074?hl=sv#9498387277d04074
 を参照し、
 /etc/rc.d/jail に下記のpatchをあててみました。 
 
  @@ -164,7 +164,7 @@ 
                         echo -n " [${jail_hostname} already running (/var/run/jail_${_jail}.id exists)]" 
                         continue; 
                  fi 
  -               if [ -n ${jail_interface} ]; then 
  +               if [ -n "${jail_interface}" ]; then 
                         ifconfig ${jail_interface} alias ${jail_ip} netmask 255.255.255.255 
                 fi 
                 if checkyesno jail_mount; then 
  @@ -239,7 +239,7 @@ 
                                 jail_umount_fs 
                                 echo -n " $jail_hostname" 
                         fi 
  -                       if [ -n ${jail_interface} ]; then 
  +                       if [ -n "${jail_interface}" ]; then 
                                 ifconfig ${jail_interface} -alias ${jail_ip} 
                         fi 
                         rm /var/run/jail_${_jail}.id
 
 以上で上記メッセージは表示されなくなりました。
 しかしもう1点問題があり、
  # /usr/local/etc/rc.d/ezjail.sh start
  ezjailConfiguring jails:.
  Starting jails: hoge.hogeo.jpeval: 1: Syntax error: Bad substitution
 というメッセージが表示されます。%%これをどう解決するか、ですね。%%
 単に /usr/local/etc/jail/hoge.hogeo.jp~ というバックアップファイルが存在していることが原因でした。&worried;
 
 エラーメッセージは出力されなくなりましたが、やはりboot時に起動しません。
 どうもezjail.shを起動していないっぽい。
 
 /etc/rc.confに
  rc_debug="YES"
 を書いてブート時にdebugを出力してみました。
 すると
  Jun  2 12:27:53 hoge root: /etc/rc: INFO: checkyesno: jail_enable is set to NO.
 なる行はあるものの、ezjailに関する出力がない!
 
 強引ではありますが、/usr/local/etc/rc.d/ezjail.sh を /etc/rc.d/ezjail としてリンクしてリブート。
 すると何事もなかったように起動しちゃいました。
 
 これって jail のバグ?
 
 COLOR(red):どうやら make world 後、ezmail起動問題は解消されたようです。よかった〜
 
 
 ** wu-ftpd設定メモ [#l6f3ee2e]
 *** Anonymous ftp で ls としても、何も表示されない。 [#ja38f93c]
 /bin/ls はコピーしたのですが、まだ何かが足りないのですね。
 
 wu-ftpd FAQ QA49より
 http://www.wu-ftpd.org/wu-ftpd-faq.html#QA49
 
  To test if /bin/ls is working in the ~ftp dir, type : 
  chroot ~ftp /bin/ls
 
 を実行してみました。
 
  # chroot ~ftp /bin/ls
  ELF interpreter /libexec/ld-elf.so.1 not found
  アボート
 /libexec/ld-elf.so.1 をコピーしたら、無事ls表示されるようになりました。
 
 *** anonymous FTP で dir してもファイルの UID が数字で出てしまう。 [#k494a43b]
 FreeBSD QandA 428より
 http://www.jp.freebsd.org/QandA/HTML/428.html
 
 /etc/master.passwd の形式で ~ftp/etc/master.passwd を用意して、
  $ /usr/sbin/pwd_mkdb -d ~ftp/etc ~ftp/etc/master.passwd
 を実行することで必要な DB ファイルが作成され、ユーザ名が参照されるようになりました。
 
 
 
 **  rpm [#k7094a21]
 rpmでStarSuite8をアップグレード
  # rpm --upgrade --force --ignorearch --ignoreos --nodeps *.rpm
 
 インストールする場合は --upgrade を -i へ変更。
リロード  新規 編集 差分 添付 複製 改名  トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ  ヘルプ  RSSR