まとめ: モールス通信が150年以上も存続した理由

  • シンプルさ
    • 信号の断続のみで情報を伝送できる
  • 単一の伝送路で情報を伝送できる
  • 人間が直接エンコード/デコードできる
  • 堅牢性
    • 信号強度の変動やノイズ・混信などの外乱に強い
  • 規格から多少外れた信号でもデコードできる
  • 高効率
    • 僅かな帯域幅しか必要としない
      概ね 0.833 * WPM (Hz)
  • 汎用性
    • 早くから国際的な標準化がなされてきた
  • 一定の技能を有すれば母語に関係なく通信できる
戻る
リロード  新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名  トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ  ヘルプ  RSSR
更新日時: 2019-09-09 (月) 18:59:01 (535d)